low cost cycling

スマートフォン

ステム

ステム
ステム

長時間(ちょうじかん)のサイクリングではハンドル位置(いち)(たか)くしたくなることがあります

ステム下側(したがわ)のスペーサーをステム上側(うわかわ)移動(いどう)するとハンドル位置(いち)()がりますが
(なが)すぎるフロントフォーク上部(じょうぶ)()くないのでカットしてあり
ステム上側(うわかわ)には(うす)いスペーサーしかなくハンドル位置(いち)()げることはできませんでした

シート位置(いち)()げれば相対的(そうたいてき)にハンドル位置(いち)()がりますが
ペダリングがきつくなります

spacer
スペーサー

通販(つうはん)でクロモリ(せい)フロントフォークとソーガイドを()いました

万力(まんりき)金属用(きんぞくよう)ノコギリを使(つか)って
フロントフォーク上部(じょうぶ) ( ステムを()()ける部分(ぶぶん) ) を
(なが)めにカットしましたが
キャリパーブレーキの  アームの長さが  あわないので
(たか)めのハンドルセッティング計画)けいかく)中断(ちゅうだん)となりました

saw_guide
ソーガイド

ステムのネジを(ゆる)める作業(さぎょう)ですが
ネジ()めの(さい)  ハンドル中立位置(ちゅうりついち) は  できるだけ正確(せいかく)にするように
慎重(しんちょう)(きわ)めました

ナナメで(はし)るのは(むつか)しいですから

フロントフォークの上端部分(じょうたんぶぶん)にあるキャップのネジとステムのネジをしめますが
スペーサーが()(まわ)せる状態(じょうたい)でサイクリングに()かけ
帰宅間際(きたくまぎわ)にガタツキを(かん)じたので路上(ろじょう)調(しら)べると
ヘッドチューブ ( フレーム前部分(まえぶぶん) トップチューブとボトムチューブが()部分(ぶぶん) ) とフロントフォーク台座(だいざ)(あいだ)隙間(すきま)があることを発見(はっけん)しました

危険(きけん)だったと(おも)います

ステム関連(かんれん)作業(さぎょう)をした(あと)
ヘッドチューブがフロントフォーク台座(だいざ)()った状態(じょうたい)
スペーサーが()(まわ)るような状態(じょうたい)になっていないか
確認(かくにん)するようになりました

シート

滑り止め

カーボン(せい)シートポストを使(つか)ったとき
ずり))防止(ぼうし)(ため)  シートポストに(すべ)()めを()りました

シートチューブに(かく)れる部分(ぶぶん)
多過(おおす)ぎない分量(ぶんりょう)()けて
シートの(たか)さをセットしました

seatpoststopper
シートずり落ち防止剤

走行距離(そうこうきょり)()びるにつれて
ハンドルは(ひく)
シートは(たか)めで(うし)ろにセットバック
するようになりました

シートポストを()()方向(ほうこう)()ばすと
ずり()防止剤(ぼうしざい)による(きず)ができていました

カーボンの美観(びかん)(そこ)ないたくないということはありますが
シートが機能(きのう)するために必要(ひつよう)(きず)だと(おも)いました

カーボン(せい)シートポストでのシート(たか)調整(ちょうせい)
できることならば一発(いっぱつ)()めたい
(おも)いました

トルクメーター

ネジを()()()ぎました!

パキッという(おと)がしました

パッと()では(なに)問題(もんだい)見当(みあ)たりません

しかし  カーボンは強度(きょうど)(つよ)いが  ()れるときはあっさり()れるという
心配(しんぱい)(うわさ)がありましたので()にしていました

用途(ようと)(ちが)いますが  ゴルファーがカーボン(せい)シャフトのドライバーを
おもいっきりダフる(たび)にシャフトを交換(こうかん)するものだろうか  ということもあり
シートポストはそのままです

結局(けっきょく)自己責任(じこせきにん)なので  いつシートポストが()れても()いように
ずっとダンシングでサイクリングしていました ( 冗談(じょうだん)です )

トルクメーターは必要(ひつよう)だなと(おも)いました

フレーム

2台目(にだいめ)のバイクは  ドロップハンドル下部分(したぶぶん)(にぎ)って
サイクリングロードを巡航(じゅんこう)する目的(もくてき)もあって
(おお)()のフレームとし  ステムも(なが)くし SPD ペダル で()()てました

アウタートップが105と(おな)じ12tでありながら
インナーローは105よりも(おお)い30tのスプロケットを
()つけることができました

サイクリングロードにエントリーすると往復(おうふく)60キロを()えましたが
ハンドルがプラプラしにくく  窮屈(きゅうくつ)でないライディングフォームで
ゆったり  とばしました

スピードに()ると
()(かぜ)(たす)けられなくても30km/hで巡航(じゅんこう)できました
( 鍛錬(たんれん)()んだスレンダーな(わか)いライダーではありません )

登坂(とうはん)嫌気(いやけ)がささず  トップスピードはギヤ()(てき)には問題(もんだい)なく
(だれ)もいないサイクリングロードを前傾姿勢(ぜんけいしせい)(はし)(つづ)けるには(らく)だったので
満足(まんぞく)しています

しかし  (ただ)しいセッティングがあるということを
(ほん)・インターネットホームページ・自転車屋(じてんしゃや)さんのお(はなし)
()たり()いたりしたことがあります

個人差(こじんさ)ということがありますので
(こま)かくなればなるほど
(ただ)しいセッティングが全員(ぜんいん)(たい)して(ただ)しいと()(がた)くなる傾向(けいこう)だと(おも)いますが
(ただ)しいセッティングは()いものかもしれません

ハンドル

FSAのハンドルはバーテープエンドキャップを()()ける部分(ぶぶん) ( 下側手前部分(したがわてまえぶぶん) ) よりも水平部分(すいへいぶぶん)がナローな印象(いんしょう)でした

数値(すうち)(おな)(もの)でも使(つか)ってみると(ちが)いがありました

(つぎ)なる野望(やぼう)は  タイムトライアル(よう)ハンドルで時速(じそく)100キロ ! ( 冗談(じょうだん)です )