low cost cycling

スマートフォン

ロードバイクを(はじ)めたい(ひと)(ため)

サイクリングウェア
  • ヘルメット
  • サングラス
  • サイクリングジャージ
    ( 長袖(ながそで)半袖(はんそで) )
  • サイクリンググローブ
    ( 指先(ゆびさき)()るタイプ・手袋(てぶくろ)タイプ )
  • レーパン
    ( (たん)パン(がた)(なが)ズボン(がた) )
  • ソックス
  • シューズ

という服装(ふくそう)(おお)()かけます

サングラスは曇天(どんてん)でも(かぜ)虫等(むしなど)(ふせ)ぐため必要(ひつよう)だと(おも)いますが
眼鏡(めがね)代用(だいよう)してしまうこともしばしばありました

通勤(つうきん)などで(くら)中走(なかはし)必要(ひつよう)があるならば
レンズの(いろ)が  (うす)め  か  クリアー  でないと(むづか)しいかもしれません

サドルバッグやトップチューブバッグを使(つか)
リュックを背負(せお)わないほうが(らく)だと(おも)います

カジュアルな服装(ふくそう)()ることも(おお)いですが
ロードバイクのシート ( サドル ) は(かた)めなので
レーパン ( サイクリングボトムウェア ) を使(つか)わないまでも
インナータイプのレーパンは()けた(ほう)無難(ぶなん)でした

サイクリンググローブは ( (もの)にもよるかもしれませんが )
手袋(てぶくろ)タイプでも(つめ)たさはありました

軽食(けいしょく)

(あつ)季節(きせつ)水分(すいぶん)必要(ひつよう)になりますが
ふと()()くと  自販機(じはんき)もコンビニもない区間(くかん)(はし)っている
ということがあります

飲料用(いんりょうよう)ボトル2本(にほん)持ち
( ボトムチューブ・シートチューブにボトルホルダーを設置(せっち)
 サドルバッグにチューブ・タイヤレバーを収納(しゅうのう)する )
というスタイルでよく()かけました

エネルギーの補給(ほきゅう)羊羹(ようかん)やソイジョイ  カロリーメイトなどを用意(ようい)すると
クランクを1回(いっかい)(まわ)せなくなるという事態(じたい)防止(ぼうし)できると(おも)います

ビンディングペダル
使(つか)(やす)

シューズをペダルに固定(こてい)する部品(ぶひん)はクリート  と()ばれていると(おも)いますが
SPD SLは(おお)きめ三角形(さんかくけい)のクリートが()(
ため
)
 SPDと(くら)べると(ある)きにくく不都合(ふつごう)
()われることがありますが
ビンディングペダルデビューが SPD SL だったので
(とく)()にはしなかったものの
()われてみれば  まあ そうかなと(おも)いました

ビンディングペダルを使(つか)いながらウォーキングの便利(べんり)さも実現(じつげん)するならば
spd か spd sl かの選択(せんたく)(かんが)えるよりも
リュックにいれた(くつ)持参(じさん)した(ほう)効果的(こうかてき)でした
( 自動車乗(じどうしゃの)()禁止(きんし)のTOEIC試験会場(しけんかいじょう)に  spd ペダルで()ったことがありました )

効率(こうりつ)

ビンディングペダルは()(あし)使(つか)えるので
クランクが1回転(いっかいてん)する(あいだ)にリアホイールを駆動(くどう)する(ちから)(りょう)
フラットペダルよりも(おお)めになります

spd sl の(ほう)が spd よりも競技向(きょうぎむ)きと評価(ひょうか)されることがありますが
そうだと(おも)います

spd sl シューズはソール ( 靴底(くつぞこ) ) がハードな(もの)しか()たことがありませんが
spd シューズは ソールがゴム(せい)のものとハードな(もの)()たことがあります

ペダルフィーリングは  それぞれのライダーのもので
ジャマになるといけませんので
実際(じっさい)(ため)してみてね としか()けません

デビュー

数回着脱(ちゃくだつ)して要領(ようりょう)()かり公道(こうどう)へ!

かなり()れてきた(ころ)  U ターンで転倒(てんとう) !!!

左側(ひだりがわ)ペダルの着脱(ちゃくだつ)をメインにしていますが右側(みぎがわ)ペダルの着脱(ちゃくだつ)不慣(ふな)れでした

ビンディングペダルは安全(あんぜん)場所(ばしょ)十分(じゅうぶん)練習(れんしゅう)してからにすることを
(おすす)めします

購入(こうにゅう)

完成車(かんせいしゃ)やフレームを購入(こうにゅう)する場合(ばあい)
購入前(こうにゅうまえ)一度(いちど)  実際(じっさい)にロードバイクにまたがって
(ただ)しいとされるフォームがわかる(ひと)相談(そうだん)してからにすると理想的(りそうてき)だと(おも)います

最後(さいご)

(さき)のわからない道路(どうろ)をハイスピードで(はし)るなどの無茶(むちゃ)をしなければ
自転車(じてんしゃ)ですので  (たの)しいものだと(おも)います

ロードバイクの運転(うんてん)()わることは不可能(ふかのう)です

自己責任(じこせきにん)安全(あんぜん)(たの)しんでください」
ということになります

簡単(かんたん)(はじ)めることができるロードバイクですが
(ただ)しい知識(ちしき)()った指導者(しどうしゃ)一緒(いっしょ)にサイクリングに()かけることが安全(あんぜん)観点(かんてん)理想的(りそうてき)だと(おも)います

サイクリスト akirapageslab.com は そのようなライダーではなく
健康的趣味であるロードバイクを低コストで続けている
一般(いっぱん)ライダー 兼 my bikeだけアマチュアメンテなんサー です
誤解(ごかい)はないと(おも)いますが (ねん)のため(もう)()えておきます